今からポケモンを楽しむブログ

対戦や育成、色違いに乱数等をぼっちで遊びつくすよ

四世代乱数

 

f:id:pokekotokoto:20180806133259j:plain

初めて乱数成功したときに撮った写真。臆病6Vメタモン

ここからポケモン熱が高まり始めたといっても過言ではないです。

乱数の方法などは次の記事に書きたいと思います。

今回は始めたきっかけや簡単に乱数の説明をば。

 

乱数を始めたきっかけはいつまでたってもバトルフロンティア

新作に入ってこず、せっかく六世代で三値も知ったし育成も簡単に

なったのに・・・とがっかりしつつどーしてもバトルフロンティア制覇してみたい!

強く手軽にポケモンをそろえてバトルの面白さを知りたい!

と考えていた時に乱数を知りました。

 

乱数を解説しているブログ等を読み漁りながら感じた

始めの印象は、パソコン使ってすごい計算してる!

良くわからない言葉使ってる?0.03秒単位で時間測らなきゃいけないの?

とか思っていましたが、ざっくり結論的に言えば

乱数ツールで出た計算通りの時間に起動すれば希望通りのポケモンが出ます。

勿論パソコンは使います。乱数ツールも使います。ストップウオッチを使って

正確にゲームを起動して、初めて乱数は成功します。

でも自分がやることはただそれだけで、難しい計算はパソコンがしてくれますし、

乱数ツールは先人の方が用意しているのを感謝してダウンロードするだけです。

ストップウオッチはスマホで代用可能。0.03秒図るのだって十回程度チャレンジすれば

測れるようになります。やることは多く見えるかもしれないけど、最初の一歩さえ

踏み出せばあとはエスカレーターに乗っているかの如くさくさく出来てしまうんです。

 

そしてハートゴールド、プラチナのように四世代の乱数はパソコンも不要に

乱数にチャレンジすることが出来ます。詳しくは次記事で書きますが、

他の方が計算した乱数を四世代は使うことが出来るため、パソコンが手元になくても

大丈夫なのです。自分もパソコンで自分で計算できるようになるまでは

他の方のブログの乱数方法を試しながら乱数方法を覚え、大変お世話になったので、

自分もこのブログでいくつか成功したポケモンの乱数方法を紹介していきたい

と思います。

 

次回は乱数に必要なものと手順方法、実際に乱数をしながら解説したいと思います。

ポケモンはバトルするのに育成や用意する準備が多く大変ですが、

少しでも楽にして、気軽にポケモンを楽しんでもらえるよう頑張ります。